ニュース・コラム

ニュース コラム

フェニックス・プロジェクト2021
~ 10年 / 今、この地に生きる ~

特 設 サ イ ト


【 第1期 】

珠玉の宮城産作品2篇を一挙リーディング上演 

 ファミリー・ツリー 』
  みんなここに居ればいい
   ~あの日からのみちのく怪談~

は、終了いたしました。

たくさんのご観劇ありがとうございました。  

次回、11月に予定しております
【 第2期 】をご期待ください。


 フェニックス・プロジェクトは、2011年3月11日の東日本大震災によって被災地のイベントがほぼ中止となり、被災地の舞台芸術家が劇場が使えなくなり公演を行うことができない、また日常の仕事を失う等、過酷な状況下にある事を目の当たりにした協会員の呼びかけによって私ども日本演出者協会が立ち上げた事業です。

2021年の今年は東日本大震災より10年を迎え、昨年からのコロナ禍による被災も重ねての鎮魂の思いを捧げる場として、また今も残る復興の課題を演劇を通して共に考える場として、さらに新たな表現を探る場として「フェニックス・プロジェクト2021」を企画しました。会場としては宮城県仙台市を選びました。

全体のコンセプトは、地域と社会とつながる。「いま、地域の抱えている個々の課題を、一緒に考える切っ掛けとしての出来事とする。演劇がどのように深く社会とつながれるか?芸術に何ができるのか?」それらを追求したいと考えています。

内容としては、【第1期】【第2期】【第3期】と構成され、福島県と宮城県を中心に震災後に書かれ公演された戯曲を新演出で上演、また東北で活躍する若手による新たな短編戯曲の公演、写真展、公演の記録上映などです。

【第1期/8月】
昨年4月のフェニックス・プロジェクトで招聘公演を予定していながらコロナ禍により延期となった『ファミリーツリー』をはじめとする宮城で生まれた作品2本を、新演出でリーディング上演いたします。

【第2期/11月】
東北を巡る劇団・風煉ダンスの『まつろわぬ民 2021』の朗読公演とミニライブ、原発事故後の福島県から生まれた演劇作品の劇場上映(劇団ユニット・ラビッツ等) と震災後の福島を撮り続けた中筋純の写真展を予定しています。

【第3期/12月】
東北の若手演劇人による短編戯曲のリーディング上演を予定しています。

【 第1期 】
珠玉の宮城産作品2篇を一挙リーディング上演   

日程:2021年8月28日(土)~29日(日) 

会場:エル・パーク仙台 スタジオホール
(仙台市青葉区一番町1-4-1 仙台三越定禅寺通り館6階)

海辺のまちの、ちいさな家族の物語
『 ファミリー・ツリー 』

作=相澤一成
演出=伊藤み弥

出演=八緒八十助(劇団まんざら)、郷内宣子、藤原貢、なかじょうのぶ(劇団三か年計画)、丹野久美子(劇団I.Q150)、絵永けい(演劇ユニット石川組)、鷺谷浩二(若林演劇研究会)、高橋史生(劇団I.Q150)、宿利左紀子(演劇ユニット石川組)、相澤一成(アクトレインクラブ)、高橋あぐり

 宮城県名取市出身の俳優・相澤一成は東日本大震災の津波で実家を流されました。その後、大規模な復興工事が進むにつれ、かつて自分が暮らした町の風景も、人も、言葉も、思い出もどんどん失われてしまうことに危機感を覚え、「この町の人々のことを書き留めておきたい」との切実な思いに突き動かされ、初めての劇作となる『ファミリーツリー』を2016年に書き下ろしました。全編が宮城の方言で書かれた本作は、劇作家自身の演出と地元宮城の演劇人たちによって2017年5月に初演、仙台市と名取市で上演され600名超を動員し、大きな反響を呼びました。  観客から寄せられた数多くの「ありがとう」が示すように、地元の言葉で普遍的な家族の姿を描いたこの作品は、震災で大切な人を喪い、生き残ってしまったことに自責の念を抱える被災者の気持ちを掬い取るものであったのです。2020年に神戸・東京・宮城ツアーを予定していましたが、緊急事態宣言のため全公演が中止となりました。今回、震災から10年の節目に、新しいキャスティングで朗読公演を行ないます。感染症の流行で生と死の距離が近くなった今、生者と死者の交流を描くこの舞台は格別の響きを持って受け止められることでしょう。

みんなここに居ればいい
~あの日からのみちのく怪談~ 』

台本構成=高橋菜穂子
演出=渡部ギュウ
原案=演劇ユニット<コマイぬよみ芝居>
原本=東北怪談同盟編
『渚にて あの日からの〈みちのく怪談〉/発行・荒蝦夷』

出演=上島奈津子、山澤和幸、鎌田麻椰、武者匠、渡部ギュウ
楽士=山本純(チェロ・仙台フィル)

協力=東北怪談同盟

 東北の作家たちが綴る、海辺の怪異譚「渚にて あの日からの<みちのく怪談>」という本が、2016年に発行されました。演劇ユニットコマイぬが「よみ芝居」として継続的に上演を続けています。今回はフェニックスバージョンとして、黒木あるじ「背中」、郷内心瞳「さらば友よ」、須藤文音「再開」、小田イ輔「私の話」など、体験談を克明に綴った実話から採話まで震災怪談10篇を、ダイジェストでご紹介します。私たちとともに生きる〈亡き人〉たちの物語を、いまこそ。

タイムテーブル

8/28(土)

11:00~12:30 『ファミリー・ツリー』
  
13:30~15:00 『みんなここに居ればいい
 ~あの日からのみちのく怪談~』
  
15:30~17:00 『ファミリー・ツリー』
  
18:00~19:30 『みんなここに居ればいい
 ~あの日からのみちのく怪談~』

8/29(日)        

11:00~12:30 『ファミリー・ツリー』
  
13:30~15:00 『みんなここに居ればいい
 ~あの日からのみちのく怪談~』
  
15:30~17:00 『ファミリー・ツリー』
  
18:00~19:30 『みんなここに居ればいい
 ~あの日からのみちのく怪談~』

◎チケット料金 各公演 1,000円

◎ チケット予約フォームからお申込みください

チケット予約フォーム

◎お電話でのご予約受付先 
一般社団法人 日本演出者協会事務局
03-5909-3074(平日11:00~18:00) 
公演日時・枚数・お名前・お電話番号をお知らせください

一覧に戻る