国際演劇交流セミナー2021 香港特集開催のお知らせ

香港 ⇔ 日本を繋ぐ
オンラインワークショップ

アンドリュー・チャンのディバイジングシアター
~ 地図のない冒険~

香港人演出家x日本人参加者
複数の視点で 三島由紀夫のテキストを捉え、

創作してみる2020年に続くオンライン企画の
第2弾!

香港演劇界の第一線で活躍しているアンドリュー・チャン氏。
昨年のオンラインワークショップではチェーホフの「三人姉妹」を題材に、「日本における三人姉妹」を参加者それぞれで作りました。
今年は「三島由紀夫」の作品を題材に、様々な角度から文学作品を再構築し、作品を作っていきます。
今回は、東京 と 京都 の会場から香港の講師にオンラインで同時に繋ぎ、最終日の発表に向けて、ディバイジングシアターの手法で創作を行います。
ディバイジングという方式を演出家自身に実際体験してもらい、演出力の向上を図っていきます。

【 開催日時 】 

2021.12.14 (火) ~ 19 (日)

【 実施方法 】

参加者は会場に集合し対面実施。
講師は香港から ZOOM で参加。
東京と京都と香港の 3 会場を同時に繋いだ
対面とオンラインの併用型ワークショップ

【 会  場 】

14日~18日 芸能花伝舎
      (丸ノ内線「西新宿」駅出口2 徒歩約6分)
19日のみ  ファンファーレスタジオ荻窪
      (JR荻窪駅より徒歩約3分)   

全 日 程  studio seedbox
     (JR京都駅 八条口から徒歩約7分


※チラシ画像をクリックするとダウンロードできます。


◉ 講 師 プロフィール ◉

陳恆輝 アンドリュー・チャン ハンファイ

1970 年、香港生まれ。アリス劇場実験室(Alice Theatre Laboratory)芸術総監督。香港舞台芸術アカデミー(HKAPA)演劇学科演出専攻卒業。卒業公演《ヴォイツェック》で校内優秀演出賞受賞。代表演出作品は《カフカの七つの箱》、《第三帝国の恐怖と貧困》、《勝負の終わり》、《ハムレットマシーン》、《香港三人姉妹》、《テンペスト》、《幻のような演劇を一本》など。しばしば中国内陸、台湾、海外に招かれて演出する。2009 年《カフカの七つの箱》で「第十八回香港舞台劇賞」の最優秀演出賞(悲劇・シビア劇)及び「第一回香港小劇場賞」最優秀演出賞受賞。2013年《勝負の終わり》で「第五回香港小劇場賞」最優秀演出賞受賞。2018年《香港三人姉妹》で「第二十七回香港舞台劇賞」最優秀演出賞(悲劇・シビア劇)ノミネート。2017年《香港三人姉妹》の台北公演で、台北フリンジフェスティバルで優秀作品賞受賞。その他、エディンバラ・フェスティバル・フリンジや、両岸小劇場芸術フェスティバル(中国本土・台北共同フェスティバル)、台北関渡芸術フェスティバル、烏鎮演劇祭など、アートフェスティバルに参加し、同時に様々な地域の芸術家と提携している。近年は国際交流プロジェクトに積極的に関わり、2020年は日本演出者協会の招聘にて、オンラインワークショップ「国際演劇交流セミナー2020香港特集」の講師を務め、日本の演出家、俳優と《香港三人姉妹》で使われた「ディバイジングシアター」という演出法をシェアする。

参加者へのメッセージ
ディバイジングシアターは地図のない冒険のように、プロセスはとてもつらく、未知なことが多いのですが、完成するときは必ず満足感に浸ります!そして、そのプロセスの中で意外な収穫を得て、新しい自分が見つかるかもしれません。日本演出者協会より二年続きのお誘いをいただき、本当にありがとうございます。前回は古典的戯曲を元に新しい作品を作る可能性を探りました。今回は三島由紀夫の「美」をテーマに、みなさまをディバイジングシアターとポストドラマ演劇の世界へ連れていきたいと思っています。

🎥 作品動画
世界観がよく分かりますので、是非ご覧になってください。

《カフカの7つの箱》
《幻のような演劇を一本》
《テンペスト》

スケジュール

【 ワークショップ】

題 材:三島由紀夫

東京会場:8名
①『 仮面の告白』
②『 女神』

京都会場:8名
③『金閣寺 』
④三島由紀夫の生涯についての本/資料

※ 参加者は抽選によって4 人一 組のチームに分かれ
各チームは上記の1-4の題材のどちらかを扱う。


1日目 12月14日(火)18:00~22:00

🔼ウォーミングアップ(アイスブレイク) 
🔼ポストドラマ演劇理論を紹介 
🔼アンドリュー・チャンによる
 ディバイジングシアターについての解説
🔼個人パフォーマンス Part 1 

2日目 12月15日(水)18:00~22:00 

🔼ウォーミングアップ(個人、全体)
🔼グループ討論(各題材について)
🔼エクササイズ:15分間の三島由紀夫 

3日目 12月16日(木)18:00~22:00

🔼ウォーミングアップ(個人、全体) 
🔼グループ プレゼンテーション(各題材について)
🔼ディバイジング行動・1:シンボル化行動
🔼ディバイジング行動・2:詩化行動(個人) 
🔼グループ討論 

4日目 12月17日(金)18:00~22:00 

🔼ウォーミングアップ(個人、全体)
🔼ブレヒト練習 (A dog came in the kitchen)
🔼ディバイジング行動・3:詩化行動(グループ)

5日目 12月18日(土)10:00~14:00 

🔼ウォーミングアップ(個人、全体)
🔼形体練習:象形文字
🔼最終日の作品を構築
🔼発表のための稽古

6日目 12月19日(日)13:00~20:00 

🔼発表のための稽古
🔼作品発表
🔼全体まとめ

募集人数

■  対 象 ■
演出家、あるいは俳優を志す人

ワークショップ
 16名程度(東京8名 / 京都8名)
 * 応募多数の場合は選考あり

見 学
  定員20名(ZOOMでの見学のみ)

参加費

ワークショップ
 一 般  6,000円
 協会員  3,000円

見 学
 一 般  1回のみ500円
       2〜6回1,000円
  協会員  無料

申込み締切

ワークショップ 12/8締切
見 学   各回の直前まで

お問い合わせ

☎ 090 -1996 – 8673( 担当:佐川)

文化庁委託事業

「令和3年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」

主催

文化庁・一般社団法人日本演出者協会

実行委員

佐川大輔 / インディー・チャン / 杉山剛志
南慎介 / 菅田華絵 / 前田有貴  /  中谷和代

一覧に戻る