コンクール

若手演出家コンクール

若手演出家コンクール2021
5月1日より募集開始!

「若手演出家のみなさんへ」

たとえばあなたが、このコロナの時代に疲れ果て、演劇を見失いかけているのなら、どうか聞いてください。
この困難をあなたのチャンスに変えてみませんか。
自分の実力がどんなものか、あなたの演出作品をプロの審査員や未知の観客たちにぶつけてみるのです。
今年もやります、若手演出家コンクール。
思い返せば前回は、開催すべきかどうか、迷いながらのスタートでした。
しかし結果的には78名ものご応募をいただき、無事、最終審査会までたどり着くことが出来ました。
参加いただいた皆様には、深く感謝しています。
正直、今年もコロナの状況がどうなるかはわかりませんが、実行委員一同、最善の方法を模索してまいります。
ですから、全国の「若手」たちよ。
世界に絶望するその前に、ぜひとも挑戦してほしいのです。
私たちは新たな才能を求めています。

若手演出家コンクール事業部長 西沢栄治

応募資格

自分を若手 (新人)と思う演出者
※最終審査期間<2022年3月1日(火)~3月6日(日)>参加可能であること

応募期間

 2021年5月1日(土)~6月30日(水)

 ※当日消印有効

応募方法

募集要項フォームはこちら

以下のものを一式、日本演出者協会事務所へ送付してください。
 ※提出書類は返却できませんのでご了承ください。
 ※添付に不備がある場合は、その時点で審査対象外となりますのでご注意ください。

1.演出家の演出プロフィール

  • これまでの演劇歴を記載した書面。

2.今までに演出した1作品公演の映像資料同じ映像内容のDVD素材・3点(Blu-ray不可)をご提出ください。

  • 応募は1作品のみとなります。
  • 映像資料DVDの注意点…DVD素材での再生機限定などにて、再生不備が多発しております。DVDプレイヤーにて再生できない場合、審査ができませんので審査対象外となります。(マスターVHS1本送付可能)
  • 映像内容が途中までの録画や、音声が入っていない(聞こえない)等の不完全な映像資料の場合は審査対象外となります。ご注意ください。
  • 戯曲の上演著作権は各応募者に於いて申請取得してください。

上記の理由等で、再生ができない映像資料の場合、審査ができません。
審査対象外となってしまいますので、ご注意ください。

3.提出映像作品の上演台本とその他公演資料(チラシやパンフレット)各2部

4.氏名(読み仮名・演出家名・芸名があればそちらも記載)、
 郵便番号、 住所、 電話番号、 FAX、 携帯電話、e-mailアドレス(携帯/PC)

  • 連絡先に関しては確実に連絡がとれるものをご記載ください。

5.第2次審査について
2次審査は2019年まで実演審査をしてきましたが、2020年以降は新型コロナウイルスの影響が大きく、劇場上演や稽古場上演が困難になる状況が予測されます。
そのため、実演審査のほか映像(過去の作品でも可)審査などの方法を、状況を見極めながら、7月頃を目途にホームページ上にて発表する予定です。

日本演出者協会より優秀賞の4名には10万円

最優秀演出家賞1名には賞金50万円

最優秀演出家による記念公演<2023年3月予定>の補助

最終公開審査では、観客投票による観客賞もあります。
(新型コロナウイルス感染症拡大の状況により変更になる可能性があります。)

応募資料送付先

〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-12-30 芸能花伝舎3F
一般社団法人 日本演出者協会
若手演出家コンクール担当 三村宛

お問い合わせ先

MRco.(担当:三村)
TEL ☎:090-2916-1739
E-mail:mrco@m8.dion.ne.jp

チラシPDFをダウンロード

チラシPDFをダウンロード

一覧に戻る