コンクール

若手演出家コンクール

若手演出家コンクール2024
募集のお知らせ

若手演出家コンクール2024

コロナがようやく下火になったかと思ったらまたドッと、
いろんな災いが押し寄せてきた。
人間とはつくづく業の深い生き物だと思います。
しかしこうなってしまった以上、そこを しっかり芝居のネタにしなければ、
芝居が芝居の役割を果たしたことにならない。

われわれの日常を取り巻く、より広く深い世界の在り方とどう交信できるのか。
そのための芝居、そのための言葉、そのための身体が、
今求められているのだと思います。
われわれのアートに何ができるのか、
とりわけ演出なんかに、一体何ができるのか?

新しい演出言語の出現に、熱い期待と羨望を抱いています。

若手演出家コンクール最終審査員 鵜山仁 (文学座)

応募資格

◆ 自分を若手 (新人)と思う演出者
※最終審査期間<2025年2月25日㊋ ~ 3月2日㊐>参加可能であること

応募期間

 2024年5月1日 ~ 6月30日

応募方法

募集要項フォームはこちら

今年度より送付によるご応募は受け付けておりません。

➤ ご用意いただくもの

1. 氏名(読み仮名・演出家名・芸名があればそちらも記載)、
 郵便番号、 住所、 電話番号、e-mailアドレス

  • 必ず連絡の取れる連絡先をご記入ください。

2.  演出家の演出プロフィール

  • これまでの演出履歴など

3. 今までに演出した1作品公演の審査対象作品の動画データファイル(mp4形式)

  • 応募は1作品のみとなります。
  • 動画データファイルはmp4形式のものを、ギガファイル便にして( 保持期限 を60日以上 で設定ください)ご用意ください。
  • 映像内容が途中までの録画や、音声が入っていない(聞こえない)等の不完全な映像資料の場合は審査対象外となります。ご注意ください。
  • 戯曲などの上演著作権は各応募者に於いて申請取得してください。

ギガファイル便(https://gigafile.nu/)ユーザー登録不要の簡単無料大容量のファイル転送サービスです。容量無制限(1ファイル300Gまで)のファイル転送が行えます。

4. 提出映像作品の上演台本とその他公演資料(チラシやパンフレット)のデータ

  • 台本はPDF形式のものを、ギガファイル便にして(保持期限を60日以上で設定ください)ご用意ください。
  • チラシとパンフレットについては作成していない場合は不要です。
  • 審査対象作品に関するSNS情報(ホームページなど)があれば、そのURL。ない場合は記載不要です。
  • 連絡先に関しては確実に連絡がとれるものをご記載ください。
  • 1次審査通過者には8月末頃に電話で通知の予定です。

 ※添付に不備がある場合は、その時点で審査対象外となりますのでご注意ください。

5. 第2次審査について
第2次審査へ通過時の対象公演内容(期間・場所など)

2次審査方法については、9月1日㊐~12月1日㊐の2次審査対象期間内に行われる公演(または、本番に準ずる形での通し稽古)を審査員5名が観劇し、審査します。

※はじめから配信のみの公演は審査対象外です。

※事情により、予定していた公演が出来なくなった場合は、ご相談に応じます。

日本演出者協会より優秀賞の4名には10万円

最優秀演出家1名には賞金50万円

最優秀演出家による記念公演<2026年3月予定>の補助
※ 公演期間、劇場は指定になります。

※優秀賞4名に選出された方で、希望者には日本演出者協会への入会が承認されます。(要入会申込)
(2024年12月に新規入会希望されると2024年12月~2025年5月まで協会費免除。すでに協会員の方は免除にはなりません。)

※ 活動地域が東京から100km以上の場合、一部遠方支援の支給があります。

お問い合わせ先

MRco.(担当:三村)
TEL ☎:090-2916-1739
E-mail:mrco@m8.dion.ne.jp

チラシPDF(表) をダウンロード

チラシPDF(中) をダウンロード

■コンクール運営委員
大西一郎(若手演出家コンクール実行委員長)
西沢栄治(JAM SESSION)
三上陽永(ぽこぽこクラブ)
小林七緒(流山児★事務所)

助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術等総合支援事業(芸術家等人材育成))
独立行政法人日本芸術文化振興会
主催/一般社団法人日本演出者協会
制作/一般社団法人日本演出者協会
協力/本多劇場グループ

一覧に戻る